[PR]

 北日本から東日本の日本海側を中心に19~20日、再び大雪となる見込みだ。17日まで続いた雪の影響がまだ残っている地域もあり、気象庁は警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、18日から19日にかけて、日本海側から進んできた低気圧が東北を通過するとみられる。大陸側には高気圧があるため西高東低の冬型の気圧配置となる。17日までは、1~2月の厳寒期でも「年に何度かあるかないか」(気象庁の担当者)という強さの寒気が北から流れ込んで大雪となったが、19日からも同じ要因での大雪が予想される。

 17日までは北日本から西日本の広範囲で、上空5千メートルの上層から同1500メートルの下層にも強い寒気が入り、近畿や中国の日本海側でも大雪となった。ただ、19日以降は上層での強い寒気の流入は東北から北陸にとどまり、大雪への警戒が必要な地域は狭まる見込みだ。

 冬型の気圧配置と寒気に加え、日本海の海面水温も大雪の一つの要因とみられる。平年より1~2度高いため水蒸気の放出が多く、雪雲が発達しやすくなっているという。

 18日午後4時時点で、群馬や新潟、山形、岩手などの各県にある気象庁の観測地点で、1メートル以上の積雪がある。時間を置かずに再び大雪となることで、さらに積雪が増えそうだという。

 19日午後6時までの24時間降雪量の予想は、いずれも山地や山沿いの多いところで、新潟県80センチ、東北60センチ、関東北部と長野県北部50センチ、石川県45センチ、富山県40センチなど。その後の24時間でさらに、新潟県70~90センチ、関東北部60~80センチ、長野県北部50~70センチ、東北と富山県40~60センチ、石川県30~50センチの降雪が予想されている。