[PR]

 未来を切り開くリーダーの育成を基本理念とし、6年間の継続的な教育を行う「公立中高一貫校」。コロナ禍の影響で、地域によっては受検の方式が変わる動きも出ている。(川口敦子)

 「中学のうちから、なるべく刺激を受けてほしい。でも小学生で、試験勉強の生活というのも違う気がした」

 そう話す女性(41)は、小学6年の息子(11)に都内の公立中高一貫校を受検させる予定だ。第1志望合格をめざし、小5の冬から公立中高一貫コースのある塾に通わせている。

休校対応「問題易しく、高得点勝負に?」

 義務教育を行う公立中学では、…

この記事は有料会員記事です。残り2140文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2140文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2140文字有料会員になると続きをお読みいただけます。