[PR]

 米国のブランド、ラルフローレンが“グランドスラム“に王手をかけた。このたびテニス全豪オープンの「オフィシャルアウトフィッター」に選ばれたのだ。来年から、審判や球拾い係が着る公式ウェアを提供する。現在もウィンブルドン選手権と全米オープンの公式ウェアを手がけており、世界4大大会のうち全仏を除いた3大会のサプライヤーとなる。

拡大する写真・図版ラルフローレンが全豪オープンに提供する、審判やボールパーソンらのユニホームのデザイン画=ラルフローレン提供

 同ブランドのデイヴィッド・ローレン最高マーケティング責任者兼最高イノベーション責任者は朝日新聞の取材に書面で回答し、全豪との提携で期待することについて「未開発の市場での戦略的拡大」など野心をのぞかせた。一方、コロナ禍によるファッションの在り方の変化に対しては、熟考している心境も吐露した。

 ウェアはラルフローレンの「ポロ・ラルフローレン」。全豪への供給についてローレン氏は、「ラルフローレンは50年以上、スポーツの世界からインスピレーションを得ており、ブランドのDNAに浸透してきた。私たちは米国のブランドだが、スポーツの言語は普遍的だ。変わらないブランドの精神が評価されたと考えている」とする。

拡大する写真・図版ラルフローレンが全豪オープンに提供する、主審のユニホームのデザイン画=ラルフローレン提供

 デザインは3大会それぞれに個…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら