[PR]

 三重県教育委員会は18日、新型コロナウイルスに関連して生徒に差別的な発言をし、心情を傷つけたなどとして、県立高校の40代教諭を文書訓告の処分にし、発表した。

 教職員課によると、この教諭は10月2日、職員室で3年生の生徒に進路指導をする際、PCR検査を受けた家族がいることを知りながら「お前が来たでマスクするわ」と発言。さらに生徒と保護者に謝罪した時に発言を認めず、「冗談で言ったかもしれない」「覚えていない」とそれぞれに異なる説明をした。生徒は学校への不信感で1週間近く欠席したという。

 県教委は発言について「差別をする意図はなかった」と認定する一方、木平芳定教育長は「PCR検査を受ける人やその家族に対する差別となるもの。不適切で許されるものではない」とコメントした。教諭は聞き取りに対し、「生徒に配慮が足らず、きちんと説明できず申し訳ない」と話しているという。(甲斐江里子)