[PR]

 「敵基地攻撃能力」の保有明記は見送る一方で、その手段となりうる長射程ミサイルの技術開発・配備は着々と進める――。菅政権が18日に閣議決定した内容からは、そんな意図が透ける。

 「自衛隊員の安全を確保しつつ、相手の脅威圏の外から対処を行う、わが国のスタンド・オフ防衛能力を強化するためのものであり、いわゆる敵基地攻撃を目的としたものではない」

 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、政府が閣議決定に盛り込んだ陸自保有の「12式地対艦誘導弾(SSM)」の長射程化について、こう強調した。

 「敵基地攻撃能力」をめぐる議論が浮上したのは、安倍晋三前首相が退陣前に「首相の談話」を発表したからだ。

 安倍談話では「敵基地攻撃」と…

この記事は有料会員記事です。残り902文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り902文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り902文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら