拡大する写真・図版宝津飯店の店の前に立つ堀津渉造さん、茂子さん夫婦。通行人のあいさつに笑顔で応えた=2020年12月4日、津市大谷町

[PR]

 師走も押し迫ったある夜のことだ。「ドンドン、ドンドン」。津駅の西口前にある中華料理店「宝津飯店(ほうしんはんてん)」(津市大谷町)のドアをたたく音が響いた。この日の店はすでに閉店。店内で休憩していた店主の堀津渉造さん、茂子さん夫婦はともに「酔っ払いかしら」と思った。

 「もう終わりです」。そう声をかけようと、茂子さんがドアを開けると、50代くらいの男性が立っていた。

 男性は茂子さんを見るなり、「すみませんでした」と謝罪した。

 夫婦はひと目では誰かわからなかった。だが、まもなく思い出した。

 「あっ、あのときの」

 30年ほど前、店でアルバイトをしていた男性だった。

 バブル経済が華やかなりし19…

この記事は有料会員記事です。残り1328文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。