[PR]

 昨年の夏、天文学者の鳴沢真也さん(55)は、実家で書類を整理していて4通の手紙を見つけた。

 今から35年ほど前、アマチュア天文雑誌を通じて知り合った中学生・上田直生くんと文通していたときのものだ。

 工作が得意で望遠鏡を自作していた彼は、カメラ装置の電気回路図まで描いて送ってくれる子だった。

 そういえば文通してたな。彼は今どこで何をしているんだろう。そう思ったら、久しぶりに連絡をとってみたくなった。

 12月、自らの天文関係の新著が出るタイミングで手紙を書いた。

 「上田様はお忘れになっているかと思いますが、文通をしていた者です」

 夢をかなえて天文学者になったことを知ってもらうために、書籍を同封した。

 送り先は当時の住所なので、届かないかもしれないと思いながらの投函(とうかん)だった。

 それから数日後、FacebookのMessengerを通じて、こんなメッセージが寄せられた。

 「もしかして子供時代に天文雑…

この記事は有料会員記事です。残り1683文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1683文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1683文字有料会員になると続きをお読みいただけます。