[PR]

 新潟市西蒲区津雲田の住宅で18日午後8時35分ごろ、「男が包丁を振りかざしている」と、この家に同居する親族から110番通報があった。新潟県警によると、駆けつけた西蒲署員3人に男(37)が刃渡り約20センチの包丁を振りかざしてきたため、3人は「刃物を捨てろ」などと複数回警告。包丁を振りかざしたまま約2メートルまで近づいたため、40代の男性警部補が拳銃で1発を発砲した。銃弾は男の胸に当たり、男は搬送先の病院で約2時間後に死亡が確認されたという。

 県警の清水宏明・警務課長は拳銃の使用について、「詳しい発砲の経緯、胸に当たった経緯は捜査中」とした上で、「現時点では適正な使用だったと考えている」と話した。(谷瞳兒)