[PR]

 米食品医薬品局は18日、米バイオ企業モデルナが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、緊急時使用を許可した。米国で使用許可されたのはファイザーとビオンテックが開発したワクチンに続き2例目。18歳以上が対象で、4週間空けて2回接種される。日本政府はモデルナから来年6月までに5千万回分(2500万人分)のワクチンの供給を受けると契約している。欧州連合やカナダ、韓国なども供給を受ける。

 モデルナは米国内で初回分として590万回分のワクチンの発送準備をしている。米政府は年内にファイザーのものと合わせて4千万回分が配送されるとしている。当初は医療従事者や介護施設の入所者が優先され、一般が接種を始めるのは来春とみられる。

 ワクチンの接種率を上げること…

この記事は有料会員記事です。残り86文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り86文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り86文字有料会員になると続きをお読みいただけます。