[PR]

 19日午前0時45分ごろ、兵庫県太子町東南の2階建て住宅で、「2階からものすごい勢いで炎が上がっている」と近くの住民から119番通報があった。警察や消防によると、火は約3時間半後に消し止められたが、2階の焼け跡からこの家に住む小学6年の平下聡都(さと)さん(12)が遺体で見つかった。

 たつの署によると、出火当時、家には他に家族4人がいたという。全員が救急搬送されたが、いずれも命に別条はないという。消防とともに出火原因を詳しく調べる。

 現場はJR網干駅から北へ約2キロにある住宅が立ち並ぶ地域。近くに住む男性は「爆発音がして外を見ると、2階の窓から炎が数メートル噴き出して手に負えない状況だった」と話していた。