[PR]

 大雪による車両の立ち往生が18日夜に解消した関越自動車道では、通行止めの解除に向けて19日も除雪作業が続いた。降雪の影響で小出インターチェンジ(IC、新潟県魚沼市)―月夜野IC(群馬県みなかみ町)間は19日午後1時時点で通行止めが続く。

 管理するNEXCO東日本によると、車両の立ち往生が最後まで残った小出IC―塩沢石打IC(新潟県南魚沼市)の上り線も18日午後10時15分に解消。その後、同社が19日朝の通行止め解除をめざして除雪作業を続けた。安全が確認され次第、解除する方針だが、同日午後になりそうだという。

 ただ、北日本から東日本の日本海側を中心に19~20日は再び大雪になる所があり、気象庁が引き続き注意を呼びかけている。20日にかけて北日本や東日本の上空約5千メートルに零下30度以下の寒気が流れ込む見込みで、20日午前6時までの24時間降雪量の予想は北陸の多い所で100センチ、関東甲信で80センチとなっている。新潟県湯沢町は19日正午時点で167センチの積雪がある。

 同社によると、関越道で車両の…

この記事は有料会員記事です。残り379文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り379文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り379文字有料会員になると続きをお読みいただけます。