[PR]

 菅義偉首相は19日午前、「2020年報道写真展」(東京写真記者協会主催)を訪れ、約300点の写真を見て回り、「1年間、いろんなことあったんだなと。コロナ前とコロナ下で大きく変わっている」と語った。

 写真展は東京・日本橋の三越本店で開催。今年の政治や災害、スポーツなどに関する写真が展示されている。

 首相は約15分かけて見て回った後、記者団の取材に応じた。官房長官時代に起こった大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」での集団感染に関する写真などを挙げて、「目に見えないコロナと一日一日戦い抜いてきた。今、この瞬間も国民の命を守るために、医療現場の皆さんはコロナと向き合って大変な努力をしている」とコメント。感染拡大前の写真もあり、「自由に活動できる社会を一日も早く取り戻す」とも述べた。

 首相はその後、9月に自身が衆…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら