[PR]

 東北の日本海側や北陸を中心に19日、再び雪が強まった。同日夕までに積雪が2メートルを超えている地域もある。20日にかけてさらに積雪は増える見込みで、気象庁は、東北と新潟県では積雪や路面の凍結による交通障害に引き続き警戒するよう呼びかけている。

 群馬県や新潟県の一部で記録的大雪となっていたが、19日になって雪をもたらす強い寒気が再び流れ込んだ。19日午後6時時点の積雪の深さは、新潟県津南町210センチ、群馬県みなかみ町189センチ、新潟県湯沢町185センチ、岩手県西和賀町145センチなど。秋田県横手市では午前8時時点で105センチを記録し、12月の観測史上最高を更新した。

 冬型の気圧配置が強まる状況は20日も続くとみられ、さらに積雪が増えると予想されている。同日午後6時までの24時間降雪量の予想は、いずれも山沿いや山地の多いところで、新潟県と関東北部80センチ、東北と長野県北部60センチ、富山県50センチ、石川県40センチ、福井県30センチ。

 また北海道では20日、真冬並みの寒気が入る見込みで、太平洋側東部では風も強まって猛吹雪となる恐れがあるという。