【動画】JR名古屋駅の在来線ホームから、線路に沿って青い光が見える=山本正樹撮影
[PR]

 JR名古屋駅(名古屋市)の在来線ホームから、線路に沿って無数の青い光が見える。幻想的でSNSなどで「きれい」「クリスマスのイルミネーション?」などと話題になっている。

 青い光はホーム端からや、駅周辺の建物からも見られる。ホームから約800メートルの範囲で線路に沿って設置されるLED表示灯で、東京方面に233個、大阪方面に159個の計392個ある。

 JR東海によると、線路上で保守点検をする作業員に列車の接近を知らせるための装置で、列車が近づくとその線路の青い光が点滅する。こうした仕組みで列車の通過ルートを視覚的に知らせるのはJR各社では初といい、8月から本格運用が始まった。運転に影響が出ないよう信号(赤黄緑)とは異なる「青」を採用した。

 駅ではリニア中央新幹線の地下駅建設関連工事を含め、昼夜問わず年約2千件の工事や保守点検がある。列車は在来線だけで1日約1500本が発着。ホームは1~13番まであり「非常に分かりづらい構内」との声もあった。この装置で安全性が向上し、見張り要員も減らせたという。

 駅に隣接する名古屋マリオットアソシアホテルでは宿泊客から「あれは何?」「滑走路みたい」と数多く問い合わせが寄せられ、新たな名所になりつつある。(堀川勝元)