[PR]

 結成15年以内の漫才王者を決める「M―1グランプリ2020」の決勝が20日、東京・六本木のテレビ朝日で開かれ、マヂカルラブリー(吉本興業所属)が優勝。史上最多5081組がエントリーした大会の頂点に立ち、賞金1千万円を獲得した。

 マヂカルラブリーは、神奈川県出身でボケの野田クリスタルさん(34)=写真左=と愛知県出身でツッコミの村上さん(36)=同右=が07年に結成。野田さんは今年のひとり芸の大会「R―1ぐらんぷり」に続く優勝。M―1初決勝の3年前は最下位で、野田さんは「最下位をとっても優勝できるんで、あきらめないでください」と話した。

 決勝には敗者復活組を含めた10組が進出。おいでやすこが、見取り図と競った最終決戦を制した。(篠塚健一)