[PR]

 太平洋が見渡せる北海道釧路市の弁天ケ浜に「踏切」が設けられた。でも、線路もないし、列車はもうやってこない。

 黒と黄色のしま模様の警報機付き踏切の向こうには、青い海が広がる。白い波が音を立て繰り返し打ち寄せている。

 踏切は一度は撤去されたが、今年10月に再び姿を現した。市内に住む花田弥作さん(85)にとって、踏切は亡き妻栄さんとの思い出そのものだ。

拡大する写真・図版再現された「踏切」の前に立つ花田弥作さん=北海道釧路市

 釧路市の太平洋炭礦の石炭を運ぶ鉄道は1925年に開業した。約4キロの貨物線は「石炭列車」と親しまれ、日本の高度経済成長とともに1日10本以上運行した。弁天ケ浜の海沿いも列車が駆け抜け、佳景の名所のひとつだった。

 道職員で29歳の花田さんが、2歳下の栄さんと人の紹介で出会ったのは65年の春だった。赴任先の標茶町から釧路市の栄さんに会いに来た。

 初めてのデートの場所に選んだのが弁天ケ浜だった。

二人を結んだ海岸

 2人は踏切を越え、海岸に下り…

この記事は有料会員記事です。残り815文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り815文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り815文字有料会員になると続きをお読みいただけます。