[PR]

 英国のジョンソン首相は19日記者会見し、最近見つかった新型コロナウイルスの変異株は、従来のものより最大で7割感染が広がりやすいとの分析結果を発表した。分析は確定的ではないとしつつ、英南東部での感染急拡大の背景にはこの変異株の存在があると指摘。20日からロンドンを含む同地域で外出を制限するなど抑止策を強化した。

 変異株は、専門家で構成する諮問機関が分析した。ジョンソン氏は「重症化しやすくなったり、死亡率が高くなったり、ワクチンが効きにくくなったりする証拠はない」と説明した。分析結果は世界保健機関(WHO)に提出したという。

 会見に同席した政府のバランス首席科学顧問によると、変異株は9月半ばにロンドンかその南東のケント州で出現したと考えられる。変異株による感染は急速に広がり、今月半ばにロンドンで確認された新たな感染例の6割以上がこの変異株によるものという。

 ジョンソン氏は当初、クリスマス前後の5日間は家族が会えるよう英国全土で移動制限を撤廃し、3世帯まで集まれるとしていたが、ロンドンなどではその方針を撤回するとも表明。それ以外の地域でもクリスマスの規制緩和は25日だけに短縮した。

 ジョンソン氏は「家族が集まることがどれだけ大切かは分かっているが、ウイルスが攻撃方法を変えてきたら我々も防御方法を変えなければいけない」と理解を求めた。

 欧州各国にも動揺が広がっている。AP通信によると、オランダやオーストリアが20日、英国からの飛行機の乗り入れ禁止を表明。ベルギーは国際列車も止める。ドイツやイタリアも同様の措置を検討している。

変異、ウイルスの「突起」部分に変化か

 イングランドでは今月2日にロ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。