[PR]

 (20日、全国高校駅伝女子)

 人さし指を突き上げて、笑顔で――。女子の世羅のケニア人留学生テレシア・ムッソーニ(3年)はゴール後、仲間に向かって照れくさそうに笑った。「このポーズをしたかったので、めっちゃうれしい」

 アンカー勝負となった最終5区。先に先頭に立ったのは優勝候補の神村学園だった。ケニア人留学生シンシアが序盤から飛ばし、早々と4人を抜いてトップに。このまま行くかと思われたが、待ったをかけたのがムッソーニだ。

 先頭と42秒差の8位でたすきを受けると、遠くから猛追が始まる。次々に追い抜き、ついに中間点付近で神村学園をとらえた。「調子がすごくよくて、気持ちよかった」。先頭に立ってもスピードは緩まない。12年ぶりに区間記録を塗り替えた。

 コロナ禍による休校期間中は寮…

この記事は有料会員記事です。残り304文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。