[PR]

 北海道銀行(本店・札幌市)を装うSMS(ショートメッセージサービス)で偽サイトに誘導され、インターネットバンキングのIDやパスワードなどを入力した顧客2人の口座から計70万円が引き出されるフィッシング詐欺被害があったと20日、道銀が発表した。道銀は、個人向けインターネットバンキングの一部サービスを停止し、近く北海道警に被害届を出す。

 道銀によると、19日に顧客十数人から「不審なSMSが届いた」と通報があり、2人の口座からそれぞれ35万円が第三者の口座に不正に送金されていたことがわかった。不審なSMSは道銀を名乗り、「異常ログインの可能性がございます。下記URLで検証お願いします」と記されていた。URLをクリックすると、偽のスマートフォン用サイトに誘導され、口座番号や暗証番号などの入力を求められる。偽サイトは本物のサイトに酷似しているという。

 道銀は20日、個人向けインターネットバンキングでの振り込みや税金・公共料金などの払い込みのサービスを停止した。公式サイト(https://www.hokkaidobank.co.jp/別ウインドウで開きます)で注意を呼びかけている。問い合わせは道銀ダイレクトバンキングセンター(0120・002・250、平日午前9時~午後9時)。