[PR]

 21日午前2時23分ごろ、青森県東方沖を震源とする地震があり、盛岡市で震度5弱を観測した。青森地域広域事務組合消防本部によると、青森市の自宅で就寝中だった70代の女性が揺れに驚いて転倒し、病院に搬送された。

 気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・3と推定される。北海道函館市や青森県八戸市などで震度4、東北の太平洋側を中心に震度3、北海道から長野県までの東日本の広い範囲で震度1以上を観測した。東京都内でも江東区や大田区で震度2を観測した。(鎌田悠)

 21日午前2時23分ごろ、岩手県内陸北部で震度5弱を観測する地震があった。

 気象庁によると、震源地は青森県東方沖で、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは6・3と推定される。沿岸では若干の海面変動がある可能性があるが、被害の心配はないという。

 主な震度は、盛岡市で震度5弱、岩手県の二戸市、八幡平市、滝沢市、岩手町、矢巾町、軽米町、北海道の函館市、青森県の八戸市、十和田市、三沢市、野辺地町、七戸町、六戸町、東北町、おいらせ町、三戸町、五戸町、青森南部町、階上町が震度4。