[PR]

 竹とんぼのような形の小さな機械を頭に付けただけで、自由に空を飛ぶことができる。ドラえもんのひみつ道具で、最も知られているものの一つが「タケコプター」だ。漫画(てんとう虫コミックス第1巻)の最初の物語に登場する「古株」であり、繰り返し出てくる「常連」だ。至ってシンプルにみえる仕組みの道具は、様々なシーンでドラえもんやのび太の移動を助け、作品の世界を大きく広げている。

 だが、「現代の技術では難しいです」。空中を移動する手段として「空飛ぶクルマ」を開発するベンチャー企業、テトラ・アビエーション(東京都)社長の中井佑(たすく)さん(29)は即答する。

 タケコプターのプロペラでは、人が空を飛べるだけの揚力を生み出すことはできない。それに、タケコプターを見る限り、自分の体はプロペラとは逆方向に回転することになり、目が回ってしまうという。「タケコプターを付けることで無重力の状態になれたら、実用化できるかもしれません」と中井さん。

無人飛行に成功 実用化へ加速

 ただ、空を自由に飛ぶという夢の実現を目指して、国内外の技術者は開発を続けている。

 いま最も注目を集めるのが、中井さんも手がけている空飛ぶクルマだ。

世界で進む、空飛ぶクルマの開発。広島県では、1人乗りヘリコプターの開発が進みます。機体の座り心地は?実用化への課題は?記事後半で紹介します。

 明確な定義はないが、電気で動…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら