[PR]

 21日午前7時45分ごろ、福島県相馬市の鵜ノ尾埼灯台約18キロ沖で、相馬双葉漁協所属の昇栄丸(4・8トン、乗組員2人)が「無人で漂流している」と別の船から同漁協に連絡が入った。福島海上保安部によると、船長の品川栄さん(69)が海上で発見されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。同保安部が巡視船を出すなどして、もう1人の30代男性乗組員を捜索している。

 同漁協によると、2人で同日未明から刺し網漁をしていた。漁協は昇栄丸で転落事故が起きた可能性があるとみて、操業中の他の漁船に乗組員の捜索を要請。品川さんは船が発見された場所から南西約2・5キロの海上で発見された。