[PR]

 週刊新潮で大学への裏口入学を報じられたお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん(55)が21日、記事は名誉毀損(きそん)だと認める東京地裁の判決を受けて都内で記者会見した。裏付け取材が不十分として新潮側を敗訴とした判決について、「ある程度、納得している」と評価した。

 週刊新潮は2018年8月発売の記事で、太田さんが出身の日本大学芸術学部に「裏口入学」し、太田さんの父が合格の対価として800万円を日大側に支払ったなどと報道。太田さんは「全くの事実無根」として、発行元の新潮社に3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めていた。

 この日の判決は、記事のきっかけになった取材源からの情報内容について、具体的な客観的証拠が見当たらないと指摘。「十分な裏付け取材を行ったとは言い難い」として名誉毀損を認めて、新潮側にネット記事の削除と440万円の賠償を命じた。一方、謝罪広告の掲載などは認めなかった。

 太田さんは会見で「あの記事が裁判で認められなかったことは、ラジオ、テレビで一生言わせていただく。そこでとんとんかなと受け止めている」と語った。

新潮は控訴の方針に対し、太田さんギャグで返す

 太田さんの父親が裏口入学の対…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら