[PR]

 温室効果ガスの排出に課金することで削減を促す仕組み「カーボンプライシング」の導入に向け、環境省と経済産業省が連携して議論を始める。21日、菅義偉首相が小泉進次郎環境相と梶山弘志経産相に指示した。今後、検討の体制や導入する場合の具体的な方法を議論し、来年中にとりまとめる予定という。

 カーボンプライシングには、排出量に応じて課税する「炭素税」と、企業ごとに排出量の上限を決めて過不足分を取引する「排出量取引」がある。どちらも排出を減らせば経済的にも環境的にもプラスの効果がある。

 環境省によると、カーボンプラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら