[PR]

 野田聖子衆院議員(岐阜1区)ら自民党国会議員が「長老批判」を展開する来年1月の岐阜県知事選で、「長老」の猫田孝県議(自民、80)=13期=が朝日新聞のインタビューに応じた。国会議員との対立は「致し方ないことで収拾の見込みはない。どっかで糸が切れた」と述べた。

 猫田氏は元内閣府大臣官房審議官の江崎禎英氏(56)の擁立を主導。5選を狙う古田肇知事(73)については「実績は十分認めているが、県政の硬直化、閉塞(へいそく)感はこれ以上あっては絶対ダメだ」と指摘。「新しい人にならないと岐阜県は発展しない。約1年前からそう考えるようになった」と明かした。

 古田氏が設ける形での会食の機…

この記事は有料会員記事です。残り2233文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。