[PR]

 かつてない規模に膨らんだ来年度の当初予算案だが、セットで編成された今年度の3次補正予算案もあわせてみれば、野放図な歳出拡大ぶりはさらに際立つ。新型コロナウイルスを理由に異例の巨額予算が次々と盛り込まれ、財源不足を補う国債の発行残高は来年度末には1千兆円に迫る見通しだ。

 「兆円単位の予算がいとも簡単に決まってしまう。コロナ対策で財政規律のたがが外れてしまった」

 今回の予算編成の異常ぶりを財務省幹部は自嘲気味にこう振り返る。1次補正の総額は25・7兆円、2次補正は31・9兆円。1人10万円の一律給付など、コロナ対応で従来とは桁違いの事業が当たり前になり、当初予算案と3次補正の規模もどんどん拡大していったというわけだ。

 年末の補正に事業を流し込み、当初予算の見栄えをよくするのは常套(じょうとう)手段だが、今回はその規模が比較にならない規模だった。

控える選挙、支持率低下…「今はお金を惜しんでいる時じゃない」

 国土強靱(きょうじん)化事業…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら