[PR]

 折りたたむと手のひらより少し大きいほどのサイズで、重さは袋入りのスナック菓子ほど。ところが、歩けなくなるような風速15メートルの強風が吹き続けても折れない屈強なつくり。そんな「世界最軽量級」の折りたたみ傘を開発したスタートアップ企業が注目されている。長らく傘業界に身を置いてきた経営者が「傘の使われ方を変えたい」との願いと多彩なノウハウをつぎ込んだ。

 「7、8、9……15メートル」。だんだんと風速が強まり、地鳴りのような音で、垂直に固定して開いてある傘に吹き付けていく。傘を企画開発するアンベル(名古屋市)のホームページなどで紹介されている風洞実験の様子で、傘のシャフトや骨はしなりながらも折れることはない。

折りたためば手のひら大

 主力の「pentagon(ペンタゴン)」シリーズ

の折りたたみ傘で、重さは67グ…

この記事は有料会員記事です。残り1512文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。