[PR]

 防衛省は22日、海上自衛隊トップの山村浩・海上幕僚長(58)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者と接触した可能性があったため、21日にPCR検査を受けたところ陽性だった。症状は出ていない。官舎で自己隔離し、遠隔で執務を続けるという。

 また、山村氏と接触機会が多い西成人・海上幕僚副長(56)も感染が確認されたが、症状はない。