民主主義、どこへ向かう? コロナ禍で「退潮」加速

有料会員記事アナザーノート

編集委員・佐藤武嗣
[PR]

アナザーノート 佐藤武嗣編集委員

写真・図版

 民主主義体制が世界で退潮しはじめ、中国やロシアなどの独裁・専制政治といった権威主義体制が勢いを増している――。

 そう聞いて、「ん? それは『米国第一』を掲げたトランプ大統領の登場や英国の欧州連合(EU)離脱で、情勢を誇張しているだけではないのか」と思う方も多いと思います。ところが、実態は我々の想像よりはるかに深刻なようです。新型コロナウイルスの感染拡大によって、「民主主義の退潮」に拍車がかかっている、というのです。

ニュースレター「アナザーノート」

アナザーノートは、紙面やデジタルでは公開していないオリジナル記事をメールで先行配信する新たなスタイルのニュースレターです。今回は12月20日第17号をWEB版でお届けします。レター未登録の方は文末のリンクから無料登録できます。

 私は、外務省防衛省などの役所取材に加え、米政府関係者や日米専門家、学者、シンクタンクなどの勉強会やイベントにも参加しています。そうした外交・安保コミュニティーのなかでも、にわかに「民主主義の退潮」がクローズアップされつつあり、国際社会の地殻変動を感じています。

 安全保障・軍事防衛問題に関する理論的・実証的な研究を行う国際安全保障学会の年次総会が今月初旬にあり、私も参加しました。そこでは「民主主義と権威主義のどちらに優位性があるのか」が議題の一つに浮上しました。

 「昨年、世界で民主主義国・地域は87で、非民主主義国は92。18年ぶりに民主主義国が少数派に転落した」

 報告者から、そんなスウェー…

この記事は有料会員記事です。残り2937文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら