[PR]

 第一生命保険は22日、元社員(89)が顧客24人から計19億円超をだましとった問題に加え、福岡県や神奈川県などで別の社員3人による金銭の不正取得事案が見つかったと発表した。新たな被害額は約6600万円に及び、3人はいずれも懲戒解雇にした。さらにほかの不正がないかを今後総点検する方針だ。

 新たに見つかった不正はいずれも11月に顧客の申し出などで発覚した。第一生命によると、福岡総合支社の30代の営業職女性は2019年4~8月、3人から約865万円を不正に取得。「金銭的な優遇制度がある」との趣旨の虚偽の話を持ちかけ、契約者貸し付けや解約などで顧客へ振り込まれた現金を不正に得ていた。

 また、横浜総合支社の60代の営業職女性が今年1~10月、4人から約503万円を不正取得。同社の契約サービス部の50代内勤女性は14年12月~今年5月、事務手続きをごまかすなどして、計5230万円を不正取得したという。

 都内で記者会見を開いた第一生…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。