[PR]

 北海道むかわ町の博物館が、町内で発見された恐竜「むかわ竜」の全身復元骨格のレプリカを無料で貸し出している。骨格は実物大で、体長7・8メートル、高さ3・2メートル。制作費に2200万円もかかった力作だ。貸し出しは全国どこでも可能だが、輸送や設置の費用は負担してもらう。

拡大する写真・図版無料で貸し出している「むかわ竜」のレプリカ=むかわ町穂別、地域商社「エムディノ」提供

 むかわ竜は7200万年前の白亜紀に生息したハドロサウルス科の新属新種で、学名は「カムイサウルス・ジャポニクス」と名付けられた。

 2003年に町内で化石が見つかった。全身の骨格がそろった化石としては国内最大だ。レプリカは町がクラウドファンディングを使って作製した。

 レプリカは町穂別博物館で展示…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら