[PR]

 国会での答弁は事実と異なっていたのか――。「桜を見る会」前日の夕食会をめぐり、安倍晋三前首相が東京地検特捜部から事情聴取を受けた。インターネット上では厳しい声が相次いだ。

 「政治責任の追及はこれから。秘書にだまされたで1年以上うそをつき続けたことをどう説明するのか」

 東京地検特捜部による安倍氏の聴取を受け、法政大学の山口二郎教授が22日夜にツイッターにそう投稿すると、同意のコメントとともに次々と拡散された。

 安倍氏周辺の関係者によると、安倍氏は、都内のホテルで開いた夕食会の費用補塡(ほてん)について秘書から報告を受けないまま、国会で補塡を否定し続けた。これに対し、山口氏は朝日新聞の取材に「ホテルに確認すればわかる話だった」と指摘。「国会で問題にされたことに対し、何も裏付けを取らずに答弁してきた。政治責任は重い」と訴えた。

 聴取とともに、安倍氏が不起訴…

この記事は有料会員記事です。残り265文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。