[PR]

 長野県佐久市臼田の歯科医師村山統一さん(50)方で14日に木造2階建て住宅から出火し、焼け跡から子ども4人の遺体がみつかった火災で、県警は22日、残る3人の身元が判明したと発表した。8歳と6歳の男児と3歳の女児で、村山さんの妻の知人で同県佐久穂町の30代女性の子ども。

 捜査1課によると、3人の死因はいずれも一酸化炭素中毒だった。捜査関係者によると、出火当時、女性は、ともに避難して無事だった1歳の男児と、18日に身元が発表された村山さんの長男の虎汰朗さん(10)との計6人で2階で就寝中だったという。同課は「女性の身元が明らかになって協力を得られなくなれば捜査継続に支障が出る」などとして3人の氏名は明らかにしなかった。

 6歳の男児と3歳の女児が通っていた同町立八千穂保育園の小池洋子園長は「子どもも保護者も職員も大きなショックを受けている。専門家とともにそれぞれのメンタルケアをしたい」と話した。