[PR]

 誕生日に受け取ったのは、小さな白い封筒。中には色あせた紙幣が1枚だけ入っていた。だけど、贈り主を知ったら、涙が止まらなくなった。

 米マサチューセッツ州ボストン近郊に暮らすマット・グッドマンさんは今月6日、21歳となった。

 日付が変わる6時間前、姉のケイシーさん(28)から、封筒を手渡された。開けると、そこには10ドル札が1枚。

 不思議に思っていると、しばらくして姉が語り始めた。「これはね……」

 それは、5年半前に亡くなった父からの、最後の贈り物だった。

拡大する写真・図版マット・グッドマンさんが父親から受け取った10ドル札。使う前にレストランで撮影し、後日、店の厚意で返却してもらったという=本人提供

 マットさんにとって、父のジョ…

この記事は有料会員記事です。残り1047文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1047文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1047文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも