[PR]

 鹿児島県と環境省は22日、出水市で回収したナベヅル1羽の死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が検出されたと発表した。同日の鹿児島大の確定検査で判明した。県内では今季、ツルのねぐらの水などから高病原性ウイルスが検出されているが、野鳥の死骸からは初めて。

 死骸は、水から高病原性が出たねぐらから約500メートルの地点で18日に回収、検査を進めていた。死因は不明で、周辺でツルの大量死などの異常は確認されていない。県は22日、回収地点から半径3キロ圏の13養鶏場に聞き取り調査を行い、異常がないと確認した。

 このねぐら近くから回収したオナガガモの死骸からも鳥インフルの陽性反応が出たが、確定検査で高病原性は検出されなかった。

 出水市は22日の対策本部会議で、防疫態勢を最高ランクに引き上げた。週2回だったねぐら周辺での路面消毒を毎日行うという。宿泊・観光施設や駅など約50カ所への消毒マットと消毒液の無償配布も同日に始めた。(城戸康秀、小瀬康太郎)