[PR]

 南米チリの報道によると、南極大陸にあるチリ軍の基地で軍人ら計36人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと、軍が21日に発表した。この基地への物資の補給活動などをしていた海軍の船の乗組員から感染した可能性がある。南極大陸での感染確認は初めてとみられるという。

 感染が確認されたのは、チリの南極基地「ベルナルド・オイギンス・リケルメ」に滞在する軍人26人と民間人10人。感染者は陽性と確認される前に、新型コロナの特有の症状を示していたという。すでに36人全員がチリ南部の街プンタアレナスに移動し、隔離されているという。

 基地には、11月27日から12月10日まで海軍の船が訪れており、この訪問後に船の乗船者3人の陽性が確認された。ただ、乗船者は基地に向かう出航の前にPCR検査を受け、陰性と判定されていたという。(サンパウロ=岡田玄)