[PR]

 神奈川県座間市のアパートで2017年、15~26歳の男女9人を殺害したとして強盗・強制性交殺人などの罪に問われ、東京地裁立川支部で死刑判決を受けた白石隆浩被告(30)が、弁護人が申し立てた控訴を取り下げた。21日付。判決は年末年始を挟んで来年1月5日午前0時に確定する。

 白石被告は15日に死刑判決を受け、弁護人が18日に東京高裁に控訴した。刑事訴訟法は弁護人による控訴について、「被告の明示した意思に反してはできない」と規定。白石被告は裁判で「親族や被害者遺族にできるだけ迷惑をかけたくない。速やかな刑の執行により、償いたい」と述べており、収容先から控訴の取り下げ書を提出した。

 裁判で白石被告は起訴内容を認めたが、弁護人は被害者は殺害に同意していたとして、法定刑の軽い承諾殺人罪の適用を主張した。判決は9人全員について承諾はなかったと認定した。(加藤あず佐)