[PR]

論壇時評

 コロナをはじめ、政治的にも大きな動きが相次いだ激動の1年が終わろうとしている。その「激しさ」を総括するかのように、今月は「不寛容」の蔓延(まんえん)と“分断”を戒める論考が多かった。

「政治的に正しくない」発言をした人の解任や媒体の解約運動を指す「キャンセルカルチャー」。世界で起こっている激論を、津田大介氏がレビューします。

 村上陽一郎は他者の考えに対し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら