[PR]

 トランプ米大統領は22日、米議会が前日に超党派で可決した総額約9千億ドル(約93兆円)の追加経済対策について「期待外れで恥知らずの法案」と述べ、署名しない可能性をほのめかした。法案は与党共和党を含め、大統領の拒否権を覆せる圧倒的多数の賛成で可決された。意表を突く動きで注目を集め、求心力を保ちたいとの思惑がにじむ。

拡大する写真・図版12月5日、米ジョージア州で演説するトランプ米大統領=AFP時事

 自らのツイッターに動画を投稿した。22日には政権のムニューシン財務長官も「我々は米国の勤労者にこの(法案による)きわめて重要な支援が一刻も早く届くよう全力を尽くす」と声明を出したばかりだった。

 追加対策は、感染の再拡大が続く米国で、経済の底割れを防ぐために必須とみなされてきた。中小企業向け融資や国民1人当たり600ドル(約6万2千円)の給付金が盛り込まれた。

 大統領選での敗北を認めていな…

この記事は有料会員記事です。残り268文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。