[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大に振り回された2020年は、人と人との関係が見直された年でもあった。人との付き合い方はどう変わったのか。活動が一変したという声優・中島由貴さんが、コロナ禍で力を注いだファンとの交流方法と、地元への思いを語ってくれた。

 昨年12月上旬、東京・秋葉原のホビーショップ。歌手デビューを控えた声優・中島由貴さんのCDアルバム発売を記念するイベントが開かれていた。ファンと会うのは約4カ月ぶりだ。

 ツイッターのフォロワー数は25万人を超え、多くのファンに支えられている。「お話ししているとすごく元気になれるし、自分のやってきたことを届けられていると実感できる。かけがえのない人たちです」

 これまで、握手会やライブなど、顔が見える中でファンと交流してきた。しかしコロナ禍で、活動は一変した。ファンとのイベントは中止が相次いだ。「直接お会いした方が、表情などからどう思っているかが感じ取れる。それがなくなってしまったのは寂しい」

 その中で力を注いだのが、オンラインでの交流だった。動画配信アプリの活用もその一つ。「内容は近況報告や、時にはくだらない雑談など。けれど、ゆっくり、ゆったりした時間をお届けできるのは配信ならでは。リアルで会えないファンの方々に楽しんでもらえたら、という気持ちでやっています」。できる時間を見つけては、取り組んでいるという。

 他にも、さまざまなネット上のツールを使っている。ツイッターやブログ、ユーチューブなどを日々更新して情報を発信。寄せられたコメントや、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組へのメッセージ、事務所へ届いた手紙などにもできる限り目を通している。「ファンの方がどう思っているかわかって、私も安心します。そういう関係性の方が好きなんです」

 コロナ禍の昨年は、「計画して…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら