[PR]

 首都圏に比較的近い茨城県西地域の自治体が、移住者を呼び込もうと市価より割安な住宅整備に力を入れている。照準は子育て世帯。人口減を見据え、自治体間で知恵比べの競争が加速している。(鹿野幹男)

 茨城県境町にある賃貸マンション「アイレットハウス」。町などが2017年から建設を進め、3棟整備した。移住を希望する子育て・新婚世帯が優先して入居できる。入居82世帯のうち、約50世帯が首都圏などからの移住組だ。20~30代が中心で、県内から移り住む世帯も多い。

家賃は近隣の3割安 都内から転居

 萩原哲也さん(40)、扶美さん(39)、桜介君(5)一家は19年春、東京都葛飾区から移住してきた。

 かつては、購入したマンションに住んでいた。ローンと共益費で月約10万円の負担だったが、現在の月額家賃は近辺の相場(7万2千円)より3割近く安い5万2千円。

 間取りは3LDKで約70平方…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら