[PR]

 広島県のビジネス界には、ご当地プロ野球団カープにまつわる独特の「空気」が存在するという。

 職場はもとより、取引先との関係を円滑にするため、県外からやってきた駐在幹部はカープファンを装うのだとか。昨春赴任した筆者が真相に迫った。

 半年ほど前、ある大手企業で広島駐在トップを務める50代男性に取材した時のことだ。同じ大阪府出身で、意気投合した。打ち解けたところで、応接室にあるカープグッズが気になった。セ・リーグ制覇の記念品がずらりと並んでいる。

 あまりに気になって、取材の合間に好きな球団を聞いてみた。返ってきたのは、関西人にとってはお約束の「熱烈な阪神ファン」という答え。赴任して2年、そのことは封印し続けているという。「地元の方にお目にかかる機会も多い。カープファンとして振る舞う方が角が立たない」

 「朱に交われば赤くなる」とは、人は周囲の人によって良くも悪くもなるという例えだが、広島にやってくる転勤族の支店長や支社長には、こんな不文律が存在するらしい。

 「広島に来れば赤くなる」

 広島で「赤」と言えば、もちろん、広島カープのことだ。

 本当はカープファンではないのにビジネスのためにカープファンを装う人たちのことを「ビジネスカープファン」と呼ぶことがある。特に大手企業の駐在幹部に多いという。実態を探ろうと取材を始めたが、話を聞かせてくれる支店長がなかなか見つからない。

 ある企業の広報担当者にはこう言われた。「しゃべったのが自分だとバレたら広島で生きていけないと申しておりまして……」。大げさすぎると思ったが、広島財界の重鎮にこう諭された。「カープをくさすような話は絶対にしないのが、ここ広島の掟(おきて)なんよ」

「みんなが自分を監督かオーナーと思っている」

 匿名でも話してくれる支店長を見つけたい。広島市内屈指の繁華街・流川(ながれかわ)のスナックのママさんにも協力してもらい、ようやく複数の広島駐在幹部に会えた。

 ある大手企業の50代支店長は関西出身。根っからの阪神ファンだ。支店長という役柄、地元の有力企業の社長たちとよく会う。試合結果を振り返るカープトークが時候のあいさつだ。

 初めて広島に赴任した2年前、ご当地本を読みあさり、カープ球団の誕生の歴史も頭にたたき込んだ。「『気持ちは広島人』と自分に言い聞かせてきた。もともと心は(阪神タイガースの)縦じまですが、今は真っ赤に塗っています」

 1949年の球団創設後、市民らの「樽(たる)募金」に支えられ、プロ野球12球団で唯一、親会社を持たない市民球団として歩んだカープ。2009年から本拠地となったマツダスタジアムの建設でも多くの市民が寄付に協力した。「みんなが自分を監督かオーナーと思っているように感じる」と支店長は言う。

 別の大手企業で支店長を務める50代男性は、東京育ちで妻も娘も巨人ファン。自身は熱狂的ではないが「オレンジ(巨人)にシンパシーを感じている」。地元企業からの接待で通されるマツダスタジアムバックネット裏の特等席「スイートルーム」は、どうも落ち着かない。他球団のファンでも邪険にされることはないが、「観戦中は室内の全員がカープファンであるという前提」のように感じるからだ。

 旧財閥系の大手企業グループの支店長会では、プロ野球開幕の時期になると、いつカープの地元試合を見に行くかが話題になる。この会合に出席する支店長の一人は「カープのホームゲームは広島の一大イベント。なるべく早く球場に足を運んでおくことが作法」と話す。

 地元駐在幹部はなぜそれほど熱心なのか、不思議なほどだ。だが、ビジネスカープには実利もあるようだ。

ビジネスの信用を得られやすい?

 県内の有力金融機関の幹部によると、マツダスタジアムに広告を出しているという理由で、窓口で1千万円の定期預金をして帰った客もいたという。「カープの本拠地に看板を出せるような企業なら間違いない、となる」。広島の街を走るタクシーにも、広島市内の不動産会社にも「カープ」と名のつくところがある。ビジネスの信用を得られやすいということか。

 広島経済大で随一のカープファンを自認する瀬戸正則教授に、専門の人的資源管理論にもとづく「ビジネスカープ論」を聞いた。

 瀬戸教授によると、支店や支社で働く社員には現地採用が少なくない。「支店のトップが変わっても、職場を支える社員の多くはカープファンのままだ」。このため支店長もカープファンとして振る舞い、職場のコミュニケーションを円滑にしようとする。

 転勤族の支店長らに欠かせない人心掌握術が、「ビジネスカープ」を生み出すことにつながっている、という瀬戸教授の考察。説得力がある。

 そこで、最後に聞いてみた。ずばり、ビジネスカープとは。「自分の引き出しにあるカープネタを使い、社内外のビジネスチャンスを巧みにつかもうとする。転勤族の大手企業幹部が持っている気質みたいなもんでしょうね」(辻森尚仁)