[PR]

 JR西日本は、30日間税抜き5千円で使えるコインロッカーのサブスクリプション(定額制)サービスの実験を始めた。荷物の多い通勤通学客の利用や家族や友人で荷物の共通の保管場所として使ってもらうことを想定する。

 23日、報道陣に公開した。新しいロッカーは「ジブンロッカー」と名付け、大阪駅と新大阪駅に設置。スマートフォンでロッカーのQRコードを読み込むと発行される暗証番号で開閉できる仕組み。支払いはクレジットカードのみ。

 QRコード式の定額制ロッカーは日本初で、今後、利用の状況などを分析して他の駅での設置も検討するという。(神山純一)