第5回ホットドッグが知る米国の1世紀 残ったのは夢か差別か

有料会員記事

モンゴメリー=藤原学思
【動画】変わらぬ味とモットー キング牧師が愛したホットドッグ屋の1世紀 @米国=藤原学思撮影
[PR]

 右手に25セント、左手にも25セント。両方を示して問う。

 「コインに違いは?」

 もちろん、ない。

 「そうだろう。片方は白人、もう片方は黒人が払ったものだ。なぜ、区別しなくちゃならんのだ」

 1950年代、米アラバマ州都モンゴメリーの飲食店「クリス・ホットドッグス」。まだ人種分離政策があった頃、初代店主の故クリス・カテチスさんは、後に2代目となる息子テオさん(75)にそう伝えた。ホットドッグは15セントだった。

キング牧師も常連に

 オープンから1世紀を経て…

この記事は有料会員記事です。残り1630文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら