[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は23日、新型コロナウイルス対策を議論する衆院国土交通委員会の閉会中審査で、地域を限定した緊急事態宣言を発令するよう政府に求めた。

 枝野氏は「今の医療の逼迫(ひっぱく)、崩壊状況を食い止めるには、感染の広がり自体を止めるしかない」と指摘。「政府の危機感を示すために地域を限定し、事実上の補償をセットにして、一刻も早く緊急事態宣言を出すべきだ」と訴えた。

 赤沢亮正内閣府副大臣は「専門家、政府ともに宣言を発出する状況にはないと考えている。そのような状況にならないよう効果的な対策を機動的に講じたい」と答弁。枝野氏は「一種のアナウンス効果がいま一番重要だ」と再考を求めた。

 さらに、緊急事態宣言発令の根…

この記事は有料会員記事です。残り349文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら