[PR]

 富士通の時田隆仁社長は23日、朝日新聞の取材に応じ、高速移動通信方式「5G」で資本業務提携したNTTとNECの2社連合について、「一緒にやることも選択肢の一つ」と述べた。外国企業と連携する可能性にも触れ、「いろんな組み方があり、検討しているところだ」とした。

 世界的にインフラ整備が進む5Gや、2030年代に実用化が見込まれる6Gの機器の開発などでNTTとNECは今年6月に提携し、海外市場への売り込み拡大を目指している。時田社長はNTTなど複数の通信会社と「コミュニケーションはとっている」として、「色々なやり方がある」と、資本を含めた提携も検討していると明かした。富士通はエリクソン(スウェーデン)と2018年10月に5Gで戦略的な提携を結んだことによって「NTTドコモに、両社で一緒に基地局を納めている」としつつも、「成果はこれから、というところもある」と語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら