[PR]

 学校で生徒を縛る理不尽な「ブラック校則」について、福岡県弁護士会が福岡市立中学校を対象に調べ、中間報告をまとめ、公表した。大半の学校で理由のない規則や過剰な指導があることが確認され、一部は人権侵害にあたるとして見直しを提言する方針だ。

 県弁護士会が7月、福岡市立の全中学校69校の校則について市に情報公開請求し、市が8月に各校の生徒手帳や教員の指導方針などをまとめた文書を開示。文書によると、下着の色を特定の色に限る校則が57校にあり、頭髪については62校が髪形や長さ、58校が色に関して校則を定めていた。

 「髪を染めた部分を切る」「整髪料を付けたら髪を洗わせる」という校則も。中には「校則違反の下着を学校で脱がせる」「校則違反したら教室に入れない」といった校則もあり、いずれも人権侵害だと指摘した。

 調査では、生徒や保護者、教職員への聞き取りも実施。「女子生徒が髪を縛る時は耳より下の位置で」とする校則について、ある生徒は「先生から『男子がうなじを見て欲情するから』と言われた」と説明。生徒が理不尽だと訴えても「(高校受験に必要な成績の)内申に響くぞと言われる」「正論を言っても逆に説教される」といった回答もあった。

 調査を取りまとめた佐川民弁護…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら