[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に開いた夕食会の費用を安倍氏側が補塡(ほてん)していた問題で、東京地検特捜部に政治資金規正法違反(不記載)の罪で略式起訴された公設第1秘書は、地元・山口でどんな役割を担っていたのか。関係者に聞いた。

 立件された配川博之・公設第1秘書(61)は、安倍氏の「名代」として地元事務所を切り盛りしてきた。不在がちな安倍氏に代わってスピーチすることも多く、歴代秘書では例がないという「筆頭秘書」と呼ばれ、安倍氏や妻昭恵氏の信頼も厚かった。安倍後援会の代表も務め、数年前までは会計責任者も兼務。「金庫番」として事務所の収支の実質的責任者だったとされる。

「冷静な配川氏、安倍氏といい組み合わせ」

 複数の関係者によると、若い頃…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら