[PR]

 ドーピング検査妨害による違反で科されていた8年間の資格停止処分を不服とし、スイス連邦裁判所に提訴していた競泳金メダリストの孫楊(29)の処分が白紙に戻った。世界反ドーピング機関(WADA)は23日、2月にスポーツ仲裁裁判所(CAS)が出した8年間の資格停止の裁定が、スイス連邦裁判所によって覆されたことを公表した。詳細な理由は届いていないという。

 WADAはCASでの聴聞会がやり直しになると説明し、「新たな仲裁人による聴聞会となるが、きちんと順序立てて主張していく」と声明を出した。処分と同時に、絶望的とみられていた来夏の東京オリンピック(五輪)出場の可能性が注目される。

 中国出身の孫は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪の競泳男子自由形で金メダルを獲得した。しかし18年9月、中国での自宅で行われた抜き打ち検査で検体の運び出しを拒否。関係者が器具を使って孫の血液が入った容器を破壊したとされている。

 そのため、検査妨害が疑われ、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら