拡大する写真・図版ごちそうなます=合田昌弘撮影

[PR]

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

ごはんラボ ごちそうなます

 「和食を身近に」のシリーズ2回目は、大根とニンジンのなますにスモークサーモンを加えた「ごちそうなます」です。おせちの定番を「和のサラダ」に見立て、ざっくり盛り付けました。食卓で明るく映えます。

 野菜を塩もみして甘酢で味付ける手順ですが、料理監修の林亮平さんは、材料の重さから調味料の量を割り出します。塩味、甘み、酸味にはおいしく感じるバランスがあり、一定にすれば味がぶれません。

 切った野菜の重さに対して塩は2%。ぎゅっとしぼった後、食べてちょうどいい塩味です。キュウリやセロリ、カブなど水分の多い野菜でも同様に、塩もみ独特の食感が楽しめます。

 甘酢の量はしぼった野菜の重さに対して砂糖10%、酢5%。ぴたっと味が決まります。

 アレンジはリンゴを使いました。どちらも冷蔵庫で3~4日保存でき、飽きてきたら食卓でオリーブ油をかけてもよし。和のサラダはワインにも寄り添います。(編集委員・長沢美津子)

ごちそうなます

(材料・4人前) 料理監修:林亮平さん(日本料理・てのしま)

□ 大根 400g

□ 金時ニンジン 100g

□ 塩 10g(大さじ1/2強)

□ 砂糖 30g(大さじ3と1/3)

□ 酢 15g(大さじ1)

□ スモークサーモン 100g

□ ユズの皮 適量

作り方

①大根とニンジンは皮をむき、それぞれスライサーで薄い輪切りにする。大根はスライサーに押しつけるように力を入れて動かしやや厚めに、ニンジンは反対に刃をなでるように動かして薄く仕上げる。包丁で薄切りや細切りにしてもよい。両方をボウルに入れて重さを量り、2%の塩を用意する。

大根とニンジンは4対1の割合が紅白のバランスも食感もちょうどいい。金時ニンジンの赤が正月らしく

②塩を入れ、大根とニンジンの1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら